「小山美術」から”緋色”が美しい備前焼の皿のご紹介

「小山美術」から”緋色”が美しい備前焼の皿のご紹介

四月ももう後半と云うのに、朝晩は例年より肌寒くはないでしょうか。春の花さくらがすでに散ったというのに、あまり~春が来た~という感じがしません。
ましてや、熊本地方に、大変な地震です。今回、こんなにも余震が続くとは思いませんでした。とにかく一刻も早く、この余震が収まってほしいと願わずにはおられませんね。

本日は、”緋色”が美しい備前焼の皿をご紹介します。

【備前 緋襷皿】  金重素山(かねしげ そざん)・作
径17.2㎝、高さ4cm

「金重素山」先生は、「金重楳陽(かねしげ ばいよう)」の三男として、岡山県備前市伊部に生まれ、本名を「七郎左衛門」と云いました。
長兄である「金重陶陽(かねしげ とうよう)」について学び助手を務めました。
兄、陶陽と同じく『大本教、教主』に作陶指導し、助手をして以来十数年間に、直接に体得した”宗教心”と”陶芸一筋の研究心”が独自の人間性を形成しました。
1964年(昭和39年)帰郷して 岡山市中区円山に《円山窯》を築窯しています。
1966年(昭和41年)”緋襷焼成”を完成させました。

「備前焼中興の祖」と云われた「金重陶陽」の影に隠れているようにも思えますが、実力的には良い勝負でしょう。
金重家は代々【備前六姓】と云われる家柄で、《備前焼》本流といえる家でありましょう。

素山先生は、特定の団体に所属せず、”茶陶”を中心に、独自の作陶を続けられた作家で、~桃山風のおおらかな姿と緋襷の焼成~で風格のある作風と伝統的備前焼の進展に寄与された人物です。

この作品【備前 緋襷皿】は、皿の半分に、たいへん綺麗な”緋”が現れた、素直な丸の皿です。満月の月に”赤い雲”が掛った如く~の景色が、とても気の利いた作品に仕上がっていると思います。
物を盛ると、なお一層,物を盛り立てるという器です。
《緋襷》の”緋色”は、数多の備前焼作家の中でも、素山先生は一番きれいな作家ではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

リムふくやま 福山ニューキャッスルホテル リムふくやまテナント 福山のイベント セブンイレブン ルオント スガナミ楽器 小山美術 市制施行100周年 ダイコクドラッグ ブログ 尾道ラーメン一丁 文化ゾーン ウイング福山駅前店 にんにくや ひとりごと ミスターマックス あかつき ダッシュ福山 カチャロス 観光 駅前情報 メゾン・ドゥ・シェフ 駅前4施設 新店舗 ローソン イベント 歴史まつり ほぐしや美美 オーサムベーカリー ブルート KTC中央高等学院 福山キャンパス 福山城 自遊空間 どんでん SNS 焼き鳥すえひろ 壱乃蔵カフェ 映画 福山と~ぶホテル 鶏めしらーめん さんいち ラーメン匠 ピンタレスト 天満屋 Joy Matuya

今月の人気トピック

リムふくやま 福山ニューキャッスルホテル リムふくやまテナント 福山のイベント セブンイレブン ルオント スガナミ楽器 小山美術 市制施行100周年 ダイコクドラッグ ブログ 尾道ラーメン一丁 文化ゾーン ウイング福山駅前店 にんにくや ひとりごと ミスターマックス あかつき ダッシュ福山 カチャロス 観光 駅前情報 メゾン・ドゥ・シェフ 駅前4施設 新店舗 ローソン イベント 歴史まつり ほぐしや美美 オーサムベーカリー ブルート KTC中央高等学院 福山キャンパス 福山城 自遊空間 どんでん SNS 焼き鳥すえひろ 壱乃蔵カフェ 映画 福山と~ぶホテル 鶏めしらーめん さんいち ラーメン匠 ピンタレスト 天満屋 Joy Matuya

PICUP SHOP

Foever coffee market

一歩足を踏み入れると別世界。
アメリカのフードコートがそのまま福山に登場

Cacharros

上品な大人のショットバー。
バーボンを片手に、一人静かにジャズに耳を傾ける。そんな絵が似合うバー。

農家食堂 LUONT

産地にこだわり
地元で採れた旬な恵みがたっぷり
お昼のランチもお勧め