「小山美術」から【盃、盃台】「幹山 伝七(かんざん でんしち)」・作~明治時代~のご紹介

「小山美術」から【盃、盃台】「幹山 伝七(かんざん でんしち)」・作~明治時代~のご紹介

本日は、花の花弁がそっと開いたように美しい盃を紹介します。

【盃、盃台】    「幹山 伝七(かんざん でんしち)」・作     ~明治時代~

「幹山 伝七」は、尾張、瀬戸の人で、「加藤孝兵衛」の第3子として生まれました。幼名は「繁次郎」といい、のちに「孝兵衛」と襲名しました。
製陶に関しては、「伝七」を用いました。

文久3年(1863年)、「幹山」または「松雲亭」と号し、「加藤幹山」として知られていましたが、明治5年(1872年)には、「幹山伝七」を姓名としました。

初め、彦根藩窯の《湖東焼》に招かれ、その廃窯に至るまで、勤務しましたが、文久元年、京都、清水・産寧坂(東山区)に開窯しました。
磁器を専ら作りましたが、その窯は丸窯であり、京焼における最初のものになりました。
明治3年、「ワグネル」により、13種の西洋絵具の技法を学び、明治6年の『オーストリア博覧会』には、【銀牌賞】を受賞するなど、18回も内外で賞を得たと云います。
明治20年ごろ、最盛期を迎えました。

銘款には、《幹山精製》、《大日本幹山》、《幹山欽製》を用いています。
明治23年、70歳で没しました。

この作品【盃、盃台】は、大変に薄く、紙のように光が透けて見え、重みを感じさせない程です。
明治天皇の御用品にも、《幹山製》を用いられました。
幹山の性格は、温醇廉潔にして、沈毅寡黙であり、その製作は、一器一物もおろそかにせず、金銭は、ほとんど眼中になかったと云う事です。
いずれにしても、こんなに繊細で美しい盃で飲むお酒は、いったいどんな味がするのでしょうね。

リムふくやま 福山ニューキャッスルホテル 福山のイベント リムふくやまテナント ルオント スガナミ楽器 ブログ ダイコクドラッグ 尾道ラーメン一丁 小山美術 文化ゾーン 駅前情報 市制施行100周年 セブンイレブン ミスターマックス 観光 ダッシュ福山 あかつき ウイング福山駅前店 駅前4施設 ひとりごと カチャロス 新店舗 オーサムベーカリー 福山城 KTCあおぞら高等学院 福山キャンパス 歴史まつり 築城400年 ブルート イベント 映画 ラーメン匠 ばら祭り まきひら歯科クリニック 壱乃蔵カフェ ほぐしや美美 メゾン・ドゥ・シェフ 出雲そば大黒屋 献血ルーム「ばら」 オープンストリートふくやま 天満屋 鶏めしらーめん さんいち 自遊空間 Joy Matuya 焼き鳥すえひろ

今月の人気トピック

リムふくやま 福山ニューキャッスルホテル 福山のイベント リムふくやまテナント ルオント スガナミ楽器 ブログ ダイコクドラッグ 尾道ラーメン一丁 小山美術 文化ゾーン 駅前情報 市制施行100周年 セブンイレブン ミスターマックス 観光 ダッシュ福山 あかつき ウイング福山駅前店 駅前4施設 ひとりごと カチャロス 新店舗 オーサムベーカリー 福山城 KTCあおぞら高等学院 福山キャンパス 歴史まつり 築城400年 ブルート イベント 映画 ラーメン匠 ばら祭り まきひら歯科クリニック 壱乃蔵カフェ ほぐしや美美 メゾン・ドゥ・シェフ 出雲そば大黒屋 献血ルーム「ばら」 オープンストリートふくやま 天満屋 鶏めしらーめん さんいち 自遊空間 Joy Matuya 焼き鳥すえひろ