「小山美術」から【須田国太郎・小林和作 合作茶碗】のご紹介

「小山美術」から【須田国太郎・小林和作 合作茶碗】のご紹介

本日は、ただ今5月29日から~小林和作とその周辺~と題して開催している弊店の展示会の中から、須田国太郎・小林和作両先生合作による、めずらしい茶碗をご紹介いたします。

13344640_1176292215749584_3391850732395315033_n 13336031_1176290975749708_4810395890040021313_n 13339454_1176292129082926_1696970568455704144_n

 

 

 

【須田国太郎・小林和作 合作茶碗】

この茶碗は、油彩画、独立派、二大巨頭の「須田国太郎」先生と「小林和作」先生の関係が良くわかる作品です。

「須田国太郎」と「小林和作」は、美術団体《独立》に、同じころ所属して、それから「須田国太郎」画伯が亡くなるまで、続いた友人でした。

この作品【須田国太郎・小林和作 合作茶碗】は、戦後、昭和
20年~24年の間に製作されたもので、大門町(広島県福山市)の初代「藤本陶津」氏のロクロによるものです。

灰白色の生地の上に、”青い呉須”で、茶碗の三方に~山々と、線描きの鷲、そして、呉須で塗られた鷲~が描かれています。
一番先に筆を付けられたのは「和作先生」で、高い山脈を描かれ、そこに”燦々(さんさん)”の”燦”が書かれています。
その山の左下に、「須田国太郎」画伯が”鷲”を描いているのですが、鷲の”尻尾”が、山の下の空いたところにきれいに入っています。その左に、もう一羽の”鷲”を描き、今度は、全体に塗りつぶしてあり、その左に《2題》と書いてあります。
「和作先生」は、山脈を”一つ”描かれ、あとは「須田画伯」に”二題”描かされたものの様です。

さすがに、二人の作家の特長が描かれたもので、一つ一つが大変みごとな筆さばきによる合作作品と感心します。

リムふくやま 福山ニューキャッスルホテル 福山のイベント リムふくやまテナント ルオント スガナミ楽器 ブログ ダイコクドラッグ 尾道ラーメン一丁 小山美術 文化ゾーン 駅前情報 市制施行100周年 セブンイレブン 観光 ミスターマックス あかつき ダッシュ福山 ウイング福山駅前店 駅前4施設 カチャロス ひとりごと 新店舗 オーサムベーカリー 福山城 KTCあおぞら高等学院 福山キャンパス 歴史まつり 築城400年 ブルート イベント 映画 ラーメン匠 ばら祭り まきひら歯科クリニック 壱乃蔵カフェ ほぐしや美美 メゾン・ドゥ・シェフ 鶏めしらーめん さんいち 出雲そば大黒屋 献血ルーム「ばら」 焼き鳥すえひろ 天満屋 ジャーニー 自遊空間 Joy Matuya

今月の人気トピック

リムふくやま 福山ニューキャッスルホテル 福山のイベント リムふくやまテナント ルオント スガナミ楽器 ブログ ダイコクドラッグ 尾道ラーメン一丁 小山美術 文化ゾーン 駅前情報 市制施行100周年 セブンイレブン 観光 ミスターマックス あかつき ダッシュ福山 ウイング福山駅前店 駅前4施設 カチャロス ひとりごと 新店舗 オーサムベーカリー 福山城 KTCあおぞら高等学院 福山キャンパス 歴史まつり 築城400年 ブルート イベント 映画 ラーメン匠 ばら祭り まきひら歯科クリニック 壱乃蔵カフェ ほぐしや美美 メゾン・ドゥ・シェフ 鶏めしらーめん さんいち 出雲そば大黒屋 献血ルーム「ばら」 焼き鳥すえひろ 天満屋 ジャーニー 自遊空間 Joy Matuya