「小山美術」より 瀬戸の焼き物【柳図 石皿】  《江戸時代・後期》 のご紹介

「小山美術」より 瀬戸の焼き物【柳図 石皿】  《江戸時代・後期》 のご紹介

【柳図 石皿】    《江戸時代・後期》

瀬戸の焼き物で、石皿は”煮しめ皿”とも呼ばれています。

江戸時代・後期に、瀬戸(愛知県瀬戸市周辺)で、大量に生産された~分厚く重い 普段使いの雑器です。
無地のものの他、”呉須”や”鉄砂”で絵付けしたものもあります。

〖柳の図〗は、名古屋城が「柳城」と呼ばれていたから、柳の絵が多いと云われています。

今月の人気トピック

PICUP SHOP

Foever coffee market

一歩足を踏み入れると別世界。
アメリカのフードコートがそのまま福山に登場

Cacharros

上品な大人のショットバー。
バーボンを片手に、一人静かにジャズに耳を傾ける。そんな絵が似合うバー。

農家食堂 LUONT

産地にこだわり
地元で採れた旬な恵みがたっぷり
お昼のランチもお勧め