「小山美術」から 萩 徳利のご紹介   【三輪 休和(みわ きゅうわ)作】

「小山美術」から 萩 徳利のご紹介   【三輪 休和(みわ きゅうわ)作】

【 萩 徳利 】    三輪 休和(みわ きゅうわ)作 高さ13.5㎝・径8.5㎝

「三輪 休和」は、萩焼の陶家《三輪家》の十代目であり、父は、「九代・三輪 雪堂」です。二十歳頃より、父の代作で献上品などの置物を製作しました。
昭和2年に、父の跡を継ぎ、「十代・休雪」を襲名いたしました。その後、旧藩主・毛利家の紹介で、財界人所蔵の名器を拝見するなど『陶磁器の研究』をしましたが、その時期の休雪に、大きな影響を与えたのが、「川喜田半泥子」でありました。

昭和16年、半泥子は、〖三輪窯〗に滞在し、これを機に翌年、三重県津市の半泥子の自宅に招かれました。
この時、半泥子は、美濃の「荒川豊蔵」、備前の「金重陶陽」
を引き合わせ、4名で【からひね会】を結成しました。
茶陶の本格的な近代化は、ここに始まるといってもよく、休雪の《桃山陶磁研究》も一層進展しました。

『萩焼』の関係技芸者として、”無形文化財”に指名され、昭和42年、72歳の時、弟・節夫に代を譲り、隠居し、「休和」を名乗りました。
昭和45には、国の《重要無形文化財・萩焼保持者》に認定されました。

休雪の”白”の開発など、近代萩焼スタイルの成立に尽力し、作品は”茶陶”が中心でした。
「休和」になってからの銘は、もっぱら”釘彫り”で、多くは《和》の一字のみを施しています。

この作品【萩 徳利】も、高台”左”に、釘彫の『和』が見えます。〈造形〉と云い、〈窯変〉と云い、〈持ち心地〉と云い、まさに満点の徳利の名品ではないでしょうか

リムふくやま 福山ニューキャッスルホテル 福山のイベント リムふくやまテナント セブンイレブン ルオント スガナミ楽器 小山美術 市制施行100周年 ブログ ダイコクドラッグ 尾道ラーメン一丁 文化ゾーン ウイング福山駅前店 にんにくや ひとりごと ミスターマックス ダッシュ福山 あかつき カチャロス 駅前4施設 メゾン・ドゥ・シェフ 観光 駅前情報 新店舗 ローソン イベント 歴史まつり ほぐしや美美 オーサムベーカリー ブルート KTC中央高等学院 福山キャンパス 福山城 自遊空間 どんでん SNS 焼き鳥すえひろ 壱乃蔵カフェ 映画 福山と~ぶホテル 鶏めしらーめん さんいち ラーメン匠 ピンタレスト 天満屋 Joy Matuya

今月の人気トピック

リムふくやま 福山ニューキャッスルホテル 福山のイベント リムふくやまテナント セブンイレブン ルオント スガナミ楽器 小山美術 市制施行100周年 ブログ ダイコクドラッグ 尾道ラーメン一丁 文化ゾーン ウイング福山駅前店 にんにくや ひとりごと ミスターマックス ダッシュ福山 あかつき カチャロス 駅前4施設 メゾン・ドゥ・シェフ 観光 駅前情報 新店舗 ローソン イベント 歴史まつり ほぐしや美美 オーサムベーカリー ブルート KTC中央高等学院 福山キャンパス 福山城 自遊空間 どんでん SNS 焼き鳥すえひろ 壱乃蔵カフェ 映画 福山と~ぶホテル 鶏めしらーめん さんいち ラーメン匠 ピンタレスト 天満屋 Joy Matuya

PICUP SHOP

Foever coffee market

一歩足を踏み入れると別世界。
アメリカのフードコートがそのまま福山に登場

Cacharros

上品な大人のショットバー。
バーボンを片手に、一人静かにジャズに耳を傾ける。そんな絵が似合うバー。

農家食堂 LUONT

産地にこだわり
地元で採れた旬な恵みがたっぷり
お昼のランチもお勧め