「小山美術」から【酒觴(さかずき)・花】   小山 富士夫・作 のご案内

「小山美術」から【酒觴(さかずき)・花】   小山 富士夫・作 のご案内

【酒觴(さかずき)・花】   小山 富士夫・作 径9㎝・高さ4㎝

「小山富士夫」氏は、少なくとも”焼き物”を語るならば、古玩・新陶いずれにも通じる第一人者とするに、誰も異存はないと思います。
観賞評論だけではなく、実技者としても、一流であることは、青年期に「真清水蔵六」=京都の焼き物師に指導を受けたと云う事実からもわかります。何といっても、絶妙にして天衣無縫なまでの轆轤(ろくろ)さばきが、たいへん魅力的なのです。

”世界の陶磁”を、「小山富士夫」ほど熟知する者はいないとまで言われた人で、一時期、出光美術館に席を置いていて、陶磁を愛する世界的権威者であったことに間違いはないようです。

 この作品【酒觴(さかずき)・花】は(中国)宋時代の赤絵の有名な皿をモデルに作った盃です。
白地に、緑色の円と,花弁ではなく、“花”という字を”赤の釉薬”で書いてあるという、大変しゃれたもので、センスの良さを感じさせます。

誠に、手にして清涼感を感じさせる逸品だと思うのですが、いかがでしょうか。

 

今月の人気トピック

PICUP SHOP

Foever coffee market

一歩足を踏み入れると別世界。
アメリカのフードコートがそのまま福山に登場

Cacharros

上品な大人のショットバー。
バーボンを片手に、一人静かにジャズに耳を傾ける。そんな絵が似合うバー。

農家食堂 LUONT

産地にこだわり
地元で採れた旬な恵みがたっぷり
お昼のランチもお勧め