「小山美術」から萩焼茶碗のご紹介

「小山美術」から萩焼茶碗のご紹介

【 白萩 茶碗 】    十一代 三輪 休雪《人間国宝》・作

本日は、 人気のある萩焼の中の~白萩の美しい茶碗をご紹介したいと思います。

 「三輪家」は、萩焼の名門で、”松本萩”と表現される様に、萩焼を代表する存在であります。
長兄である「十代 休雪」の隠居により、「十一代 休雪」を襲名致しました。名前は、「節夫」、後に「休」、そして「休雪」と名乗りました。

萩の茶陶家は、茶碗造りに”巧手”ですが、特に、「十一代 休雪」は、《白萩》の茶碗造りにおいては、最右翼であると思います。

この作品【 白萩 茶碗 】は、やや大振りの茶碗です。
口部に、横雲のように白く掛かった”白釉”に、胴部は”枇杷(びわ)色上がり”で、白色と枇杷色の好対照のコントラストが美しい茶碗にできています。
高台は”茶碗の命”と云われますが、何ともたくましく、単純に輪高台に削り出されていますが、土と釉薬の調子が良いのか、小気味良く、カリッとした高台になり、ほかには見ない、まさに《休雪茶碗》だと思います。

ザングリとした土見(つちみ=土味をみること)に計算しつくされた茶碗で、茶写りの大変良い、まさしく御自福茶碗にもってこいの作品ではないでしょうか。