福山駅前再生フォーラムの開催について

福山駅前再生フォーラムの開催について

福山駅前の再生プロジェクトがスタート

詳しくはコチラ

駅前地下送迎場建設から数年での駅前再生。今度こそ賑わいのある駅前にしてもらいたいものです。
懸念されるはキャスパ跡とトモテツビル(旧ダイエーピコ)をマンション業者が購入してるそうなのでマンションになる可能性があるということです。
商業エリアにマンションが建築されると、人通りが減り賑わいもなくなりその商業エリアの価値は下がります。
商業エリアとしての価値が下がるといくら駅前の一等地と言えど大型の事業者は出店を躊躇します。
せっかくの再生プロジェクトなのですから新幹線「のぞみ」が停車する福山駅前の顔がマンションになることだけは避けてほしいものです。

駅前に賑わいを求めるのであれば人々が滞留し、迂回できるようにしないと賑わいは生まれません。現在の駅前(地下送迎場)を作るにあたり最重要テーマになったのが「交通結節点」遠方からビジネスで来福される取引先や通勤、通学者が電車や新幹線から降りて雨にも濡れず、すぐ送迎車やバス、タクシーに乗り込める駅前にすることでした。そのためには「賑わいや人々の回遊、滞留」は一切考えない基本方針でした。そうして出来上がったのが現在の福山駅前です。今度こそは福山の顔として全国に誇れる駅前にしてもらいと切に思います。福山には全国に誇れる観光資源の中に駅がある極めて珍しい駅なのですから大いに利用すべきです。

城郭の中に駅がある街「福山」 をもっともっとアピールすべきです。